TEL.093-383-6480

大切にしている事 Policy

当院が大切にしている医療理念

はじめまして。院長の蒲生佳華(がもうよしか)と申します。
ご来院していただく皆様に、精密かつ正確な歯科治療をご提供するために、当院が大切にしてる医療理念をご紹介させて頂きます。

今までの「時間をかけた勘による歯科治療」ではなく、
マイクロスコープによるしっかりと”診て”早く”治す”
歯科治療を行っております。 

今までの「時間をかけた勘による歯科治療」ではなく、マイクロスコープによるしっかりと”診て”早くと”治す”歯科治療を行っております。

皆様に安心と信頼のある歯科治療をご提供するために、当院ではあらゆる治療にマイクロスコープを使用しております。従来の歯科治療では根管治療やむし歯の治療においても肉眼で確認できない箇所は、時間をかけて歯科医師の経験や勘を頼りに治療を行っていました。
しかしマイクロスコープを使用することで、肉眼の数倍に拡大した視野で、より正確で精密な治療を実現することが可能になりました。また、患部を直接見ながら必要最小限の治療を行うことができ、患者様の負担も最小限に抑えられます。

しっかりと”見える治療”

しっかりと”見える治療”

当院では、治療中の映像を診療ユニットのモニターに映して患者様にも治療の様子をご確認していただけるようにしております。治療の様子や流れを共有し、ご説明させて頂くことで、患者様に治療の内容を理解して頂き、安心の歯科治療をご提供させて頂いております。

科学的な根拠に基づいた「十人十色」の治療

科学的な根拠に基づいた「十人十色」の治療

十人十色という言葉があるように、患者様によって生まれ持った歯の形や色、かみ合わせなどの口腔状態は異なりますし、患者様のご要望もそれぞれ違います。当院では「十人十色の治療」をコンセプトに、科学的根拠にもとづき、患者様一人ひとりの口腔状態・ご要望に合わせた治療をご提案し、皆様に安心・信頼していただける歯科医療を目指しております。

院長 蒲生佳華(がもうよしか)

経歴・所属
山口大学理学部化学科卒業。
旧吉冨製薬(現田辺三菱製薬)を経て
九州歯科大学卒業。
活動
・アジア国際外傷歯学会評議員
・日本外傷歯学会評議員
・日本外傷歯学会認定医
・九州歯科大学附属病院インプラントセンター連携医院
趣味
ダイビング
シュノーケリング・旅行
院長 蒲生佳華(がもうよしか)