コラム|マイクロスコープを使用した歯科治療|小倉南区中曽根東の歯医者【しらゆりデンタルクリニック】

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日・木曜・土曜午後
※土曜:9:00~13:00
祝日など、急遽休診することがございますので、お問い合わせをお願いいたします。

〒800-0213
福岡県北九州市小倉南区中曽根東2-13-18

tel. 093-383-6480
  • 地図
  • メニュー

メタルフリー治療を受けるメリットについて

皆さんこんにちは。

しらゆりデンタルクリニックです。

 

歯科用合金は、さまざまな金属がかけあわされた材料だけに、お口の中でさまざまなトラブルを引き起こすことも珍しくありません。

 

そこでおすすめなのが金属材料を一切使わないメタルフリー治療です。

 

今回はそんなメタルフリー治療を受けるメリットについていくつかご紹介します。

 

金属アレルギーのリスクがゼロになる

昨今、お口の中に装着した補綴物が原因で金属アレルギーを発症するケースが増えてきています。

 

確かに、保険診療で入れた銀歯には、金や銀、パラジウムなどさまざまな金属が混ざっているため、その中のひとつがアレルゲンとなっても何ら不思議なことではないのです。

 

しかも、指輪やネックレスとは異なり、常にお口の中に装着しているものなので、できればそうしたリスクのない生活を送りたいものですよね。

 

そこで有用なのがジルコニアやセラミックといった材料です。

 

こういった「陶材」と呼ばれる材料のみを使った治療であれば、金属アレルギーのリスクをゼロにすることができます。

 

天然歯と見間違えるほどの美しさ

セラミックの大きな特徴として、天然のエナメル質に酷似した質感や色、光沢などが挙げられます。

 

その美しさは天然歯と見間違えるほどです。

 

これは、金属材料はもちろんのこと、保険診療で使用するレジンでも実現することができない美しさです。

 

経年的な劣化がほとんど起こらない

金属で作られた詰め物や被せ物は、時間が経つにつれて劣化していきます。

 

表面が摩耗していったり、溶け出した金属イオンが歯茎に沈着したりするのは、ある意味避けられない変化です。

 

一方、セラミックというのは非常に安定した材料であり、極めて硬い性質を持っているので、変色や摩耗などの経年的な変化が起こりにくく、いつまでも美しい状態を保つことができるのです。

 

 

まとめ

このように、金属材料を一切使わないメタルフリー治療は、見た目が良くなるだけではなく、身体の健康面においてもメリットが大きいといえます。

 

とくに今現在、歯科用金属によるアレルギーに悩まされている方は、当院までお越しください。

 

最適なメタルフリー治療をご案内します。