TEL.093-383-6480

しらゆりデンタルクリニック

小児矯正と成人矯正の違いについて

皆さんこんにちは。

しらゆりデンタルクリニックです。

 

当院でも行っている矯正治療には、お子さまが受ける小児矯正と、大人の方が受ける成人矯正の2種類があります。

 

それぞれ矯正治療を受ける年齢に違いがあるというのはご存知かと思いますが、具体的な施術内容の違いなどはなかなかわかりにくいことでしょう。

 

そこで今回は、小児矯正と成人矯正の違いを簡単にご説明いたします。

 

小児矯正は顎の発育をコントロールする治療

小児矯正というのは、実は一般的な人が想像する矯正治療とは根本的に異なります。

 

なぜなら、歯を1本1本ていねいに動かしていく「歯列矯正」は行わないからです。

 

小児矯正で行うのは、基本的に顎の発育を正常に促すことを目的とした矯正処置となります。

 

例えば、歯列の幅が狭いと、将来的には叢生(そうせい)や交叉咬合(こうさこうごう)といった歯列不正を生んでしまうことから、専用の装置を用いて顎を左右に広げることがあります。

 

あるいは、顎の発育が良すぎる場合は、ヘッドギアやチンキャップなどを用いて、成長を抑制することもあります。

 

成人矯正は歯並びを整える治療

大人の方が受ける成人矯正は、いわゆる「歯列矯正」そのものとお考え下さい。

 

マルチブラケットやマウスピースを用いて、叢生や出っ歯など、細かい歯並びの乱れを整えていきます。

 

そういった歯並びの矯正は、顎の発育が止まってからでなければ受けられません。

 

ですから、「矯正治療は子どもの頃しか受けられないもの」と始めから諦めている方は、ぜひ当院までご相談ください。

 

マウスピースなどを用いた最適な矯正法をご提案いたします。

 

まとめ

このように、小児矯正と成人矯正には、皆さんが思っている以上に大きな違いがあります。

 

どちらが優れているかということではなく、それぞれの年代でしか受けることができない治療だけに、単純に比較することはできません。

 

ちなみに、大人の治療である歯列矯正であれば、いくつになっても受けることができます。