コラム|マイクロスコープを使用した歯科治療|小倉南区中曽根東の歯医者【しらゆりデンタルクリニック】

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日・木曜・土曜午後
※土曜:9:00~13:00
祝日など、急遽休診することがございますので、お問い合わせをお願いいたします。

〒800-0213
福岡県北九州市小倉南区中曽根東2-13-18

tel. 093-383-6480
・
  • 地図
  • メニュー

歯を残す根幹治療|一般歯科

皆さんこんにちは。
小倉南区中曽根東のしらゆりデンタルクリニックです。

 

さて、今回は前回に引き続き、当院の治療についてお話をいたします。

 

むし歯がひどくなったら、昔は歯を抜くしかありませんでした。
でも、歯科治療が進化するとともに、「根幹治療」をすることで歯を残して治療できることが増えてきました。

 

歯の中には神経や血管などが通っている管があって、これを「根幹」と呼んでいます。
むし歯が歯の内側まで進むと、この神経や血管まで感染して炎症を起こしてしまいます。放っておくと、歯根の先にまで炎症が起きて、膿がたまってしまいます。そのままでいると、さらに歯を支える骨(歯槽骨)まで細菌に侵されて、骨が溶けて壊れていくことになるのです。
さらも進行すると、皮膚に穴が開いて膿が外に出ることさえあります。

 

始まりは普通のむし歯でも、進行すると歯そのものだけでなく、骨や歯肉、皮膚までが破壊されてしまうのです。

 

そこまで悪化していく前に、細菌におかされた神経や血管を取り除いて、根幹をしっかりと掃除し、再発させないように根管の中に詰め物をして閉じます
この治療が「根幹治療」です。

 

当院では、「根管治療」の一種でさらに精密に治療する、マイクロスコープを使った「マイクロエンド」を行っています。
肉眼では見ることができない根管を、マイクロスコープで拡大して見ながら治療をしていきます。根幹の中を消毒する薬には、抗生剤を使用しています。

 

マイクロスコープを使うと、使わないよりもよりしっかりと根管の中を清掃できるようになります。
その結果、細菌をできるだけ残さずに根幹治療ができるようになり、再発しにくくなります。

 

根管治療を行うと、歯を抜かないでむし歯治療ができるため、歯の寿命を伸ばせるようになります。
噛める歯が1本でも多く残っていると、しっかり噛んで食べやすくなり、会話もスムーズにできて、人生をより豊かに過ごせることに繋がります。
1本でも多くの歯を残すためにも、当院では根幹治療をおすすめしています。