審美的な治療

審美的な治療とは

機能的な観点も考慮した治療です

機能的な観点も考慮した治療です審美的な治療、審美歯科とはその名の通り、歯並びや歯の形態を整えたり、歯を白くして、美しさに特化した治療です。
そして見た目だけでなく噛む事(機能面)も改善していきます。
審美歯科の前提には、基本的な歯科治療があります。どんなに見た目が美しくても、日々の歯磨きやメンテナンスを怠れば、虫歯や歯周病を繰り返してしまいます。

歯茎が黒くなっていませんか?

せっかくきれいな被せ物を入れたのに・・・歯茎が黒くなってきたと感じていませんか?
被せ物を装着した数年後に歯茎周りに現れることがある黒いラインは「ブラックマージン」と呼ばれています。
これは、被せ物の内側に使用した金属の劣化により起こります。
歯の被せ物は素材によって大きくその後の状態に差が出ます。ブラックマージンが現れている箇所の被せ物を一度取り除き、金属を使用しないタイプの被せ物を再度被せることで改善することができます。他の医院で入れた被せ物によるブラックマージンも治すことができますので、まずはお気軽にご相談ください。

しらゆりデンタルの審美

模型などを使ったシミュレーション

②模型などを使ったシミュレーション当院では患者さまのお口を型取りしたあと、事前に模型をお作りしています。
模型でシミュレーションを行い出来上がりをイメージすることによって、より正確で完成度の高い治療を可能としています。

技工士による「色」と「形」合わせ

①技工士による「色」と「形」合わせ

セラミックを用いた白い補綴物等は、患者さまの歯の色に合わせ、形も違和感のない仕上がりになります。
その上では技工士との連携が必要不可欠です。
当院では熟練の技工士が直接患者さまのお口を診て、お作りします。

安心のメーカー保証付き

当院が取り扱っている、3M社製のジルコニアセラミックには5年間のメーカー保証がついております。

取り扱っている補綴

オールセラミック

オールセラミック白い陶製の材料、セラミックだけで作った被せ物を「オールセラミッククラウン」といいます。 金属は一切含まれず、審美性と機能性を兼ね備えた被せ物です。
金属の被せ物の見た目が気になる方、金属アレルギーが心配な方におすすめしております。

前歯
奥歯

メタルボンド

中身は金属で、外側部分にのみセラミック(陶器)を使用したクラウン(被せ物)です。
変色しにくい素材です。
強度も強いので、実用性も高いのが特徴です。

前歯
奥歯

ポーレセンラミネートベニア

歯の表面をわずかに削って、歯の色に合わせた薄い板状の素材を貼り付ける方法です。
歯が変色している場合や、歯と歯の間に少し隙間がある場合などに適しています。
上の前歯に使われるのがほとんどです。

前歯

ハードレジンジャケット冠

冠全体が硬いレジンで出来ている被せ物です。
高強度の樹脂(プラスチック)なので噛み合わせの摩耗などにも耐えられる材質です。

前歯
奥歯

ハイブリット前装鋳造冠

外側の部分を歯科用プラスチック(レジン)で作製して、中身や裏側を金属で作製した被せ物(クラウン)の事です。

前歯

治療後のメンテナンスの重要性

治療が完了したら、定期的なメンテナンスをおすすめしております。
費用や期間をかけて整えた口腔内を「維持」するために意識を持っていただけたらと考えております。
予防についてはこちらから。

TOPへ戻る
TEL:093-383-6480