根管治療

根管治療とは?

炎症を起こした歯の神経を取り除き綺麗にする治療です

根管とは、歯の中にある神経(歯髄)が通っている管の事です。
木の枝の様に複雑な形状をしています。非常に狭い空間でもありますので歯髄が感染して悪くなった場合、殺菌や綺麗な状態にするには長い治療期間と経過観察が必要です。
虫歯などの菌が根管まで侵入した場合、噛んだ時に歯が痛い、何もしなくてもズキズキするような痛みがでる、虫歯になった歯の周りの歯茎が腫れてくる等の症状があります。
その痛みや炎症を無くすために根管の中に潜んでいる虫歯菌や炎症を起こした歯髄を取り除くことを「根管治療」といいます。

当院の根管治療について

精密根管治療(マイクロエンド)

マイクロエンドとは、肉眼では確認できないほどの小さな患部を顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大して、より細く患部を治療できる精密根管治療のことです。

マイクロスコープを使った精密な治療

根管は奥深く細かい管に歯髄が存在します。
細かい場所に炎症が起こると、非常に見つけにくい場合もあります。これを見つけるためにマイクロスコープを使用する事で、より精密な治療が可能となります。
当院では、根管治療にはもちろん、あらゆる治療にもマイクロスコープを使用しております。

精密根管治療(マイクロエンド)の成り立ちと日本の現状

今までの根管治療は、根管の中を手探りで神経を除去する治療方法しかありませんでした。その結果、細かい患部の治療が行き届いておらず、数か月、数年後に再感染していました。
そこで、欧米の専門家達が顕微鏡を用いて直接根っこの中を見ながら治療を行い、技術精度を上げ精密根管治療というものが広く知れ渡りました。それに伴い、特殊な根管治療用の器具も開発され、今ではマイクロスコープを用いたマイクロエンドは珍しいものではなくなっています。
しかしながら日本でマイクロスコープを導入されている歯科医療施設はまだ10%にも満たない低い数値となっており、アメリカや欧米よりも少し遅れをとっているのが現状です。

精密根管治療(マイクロエンド)について当院の考え

マイクロエンドによって患者さまの歯をどれだけ長持ちさせられるか?再感染を防ぐことができるか?を考えながら治療に当たっています。
どんなにいいセラミックの被せ物や詰め物をしたとしても、適切な根管治療がされていない限り、歯は長持ちしません。
根管治療の様に、特に患者さまが見えない所だからこそしっかりとした「基礎」治療をご提供するのも当院の役目だと考えます。

諦めないでまずはご相談ください!

このようなお悩みをお持ちの方へ
  • 根管治療がなかなか終わらない、症状が改善されない方
  • 虫歯や歯周病が進行し、抜歯を進められた方
  • ご自身の歯の寿命を延ばしたい方

「入れ歯」「インプラント治療」など歯を失った後の治療提案は様々ございます。当院では出来るだけご自身の歯を残し、長持ちする治療を提案しています。
「天然の歯」に勝る物はありません。
「マイクロエンド」(精密根管治療)の最大のメリットは従来の根管治療より飛躍的に成功率を上げ、再感染を防ぎ、今まで残せないと思われていた歯を救える事です。
もし歯の治療で「抜歯」「インプラント」などを勧められた方はぜひ一度ご相談下さい。

根管治療の流れ

1カウンセリング

まずは患者さまの症状や痛む箇所などを伺います。
またこれまで歯科医院で感じた不安など感じている事や、お悩みなどお気軽にお話ください。

2診断・検査・治療計画のご提案

診断・検査・治療計画のご提案口腔内の検査・レントゲン撮影などをさせていただきます。
検査結果を基に、患者さまの痛みの原因を洗い出し、治療計画(治療方法・治療期間・その後のメンテナンス等)をご提案いたします。 わからない事があればなんでもご相談ください。

3治療開始

患者さまの同意の上で治療を開始いたします。
基本的には3~4回(歯の状態などによってはもっと多い場合がございます)にわけて治療を行います。

4治療完了・メンテナンス

数回に渡っての治療が完了したら経過観察をさせていただきます。
虫歯菌は一箇所だけではなく他の歯にも影響を及ぶので、治療をした歯だけではなく他の歯も診て早期発見・早期治療をおすすめしております。

治療費について

ただいま準備中です。

TOPへ戻る
TEL:093-383-6480